韓美生活:
編集者さんとの珍道中(笑)から戻りました
笑いあり、涙ナシの旅でした。

当初、月末の予定で一度はエアーとホテルを押さえたのに
旧正月とぶつかることに気づき、あわてて前倒しに。

出発の前日、韓国人の男友達から電話があり、
「おそらく、この冬一番の寒さになるから防寒対策だけ
しっかりね!」と。
その後、メールでも「くれぐれも暖かい格好で」と念押し

寒さに慣れているはずの韓国人でさえ戦々恐々としている
大寒波。日本人の私たちが寒くないはずがない。
実際、旅の後半は悲鳴を上げるほど寒かったです。

雪も降りました
2017年1月ソウル雪
…が、過去にソウルで経験したマイナス20度を下回る
ことはなく、ギリ耐えられたかな。

思わず買っちゃったザクロの実
2017年1月ザクロ1

ザクロジュースではなく、ザクロの実そのもの
2017年1月ザクロ2
「新羅銘菓」で買ったのですが、とても美味しくて、
ボリボリ食べちゃいました。
自分が人間であることを忘れるほどに

飛行機は今回もANAでした

早朝便だったのでフルーツミールに
ANA-機内食フルーツ
思えばANAのフルーツミールは初めて…だと思う。

同じ果物を形の違う皿に盛っているだけですが、バナナが
ネットリして甘く、美味しかったです

韓国は今、鳥インフルが深刻で、卵が品薄状態に。
そのため輸入に頼っていて、目玉焼きが消えた食堂も
ありました。
ケランマリやケランチムを値上げしている食堂もあるので、
トーストも今後は少し上がるかもしれませんね。

続きは、またユルユルと綴っていきたいと思います




韓国人の友達宅でのんびりしていたところ、
「キムカル(刻み海苔)を買いたいけど、スーパーで
なかなか見つからなくて…」という話をしました。

私が欲しいのはキムカル(刻み海苔)
ふわふわ海苔-カルキム(ソンギョン)11
ラーメンやうどん、餅スープにのせるフワフワ刻み海苔です。

韓国のりを刻んだもので甘くありません。
「キムガネ」の海苔かけおむすびも作れちゃいます

…が、韓国のマートやスーパーでは甘い海苔ふりかけの
ジャバンが圧倒的に多いんですよね
甘く味つけされちゃっているので、汁物には合いません。

今まで何度か買ったキムカルのうち、美味しかったのは
断然「GOURMET494」の海苔
キムカルのみならず、一緒に買ったPBブランドの
韓国海苔もすごく美味しくて驚きました。マート等で
売っている海苔とは味が全然違う

金浦空港の「ロッテマート」でもカルキムを買いましたが、
GOURMET494のキムカルの足元にも及びませんでした

けど海苔のためにわざわざ狎鴎亭まで行っていられないし…
と、ブツクサ言っていたら、友達がいろいろ調べてくれて
彼女の家の近くの「Eマート」で買えることが発覚

寒い中、「Eマートまで付き合う」という友達。
彼女とそのままマンションを出たところ、そこに名もなき
スーパーがあり(←実際は名前があったと思いますが
「念のため見てみようか」と店内に入ってみたところ、
難なく見つかりました

ソンギョン> カルキム(刻み海苔)
ふわふわ海苔-カルキム(ソンギョン)2
70g/3,000W(購入時のレートで約300円)

金浦空港のロッテマートで買ったカルキムと同じ<成京>
というメーカーの商品ですね。

同じく70gですが、前に買ったのは3,300Wだったので、
こちらのほうが少しお安く買えました。

嬉しくて、思わず2袋買っちゃいました
友よ、ありがとう~

キムカルとカルキム…。
この際、どっちでもよくなりました(笑)。




寒いけど幸せ

というわけで、先週からソウルにいます




ソウルで韓国人のお友達からいただいたお土産
オリオンロッテ抹茶チョコパイ対決
韓国で流行っている抹茶と緑茶のチョコパイでした~

今って、韓国のスーパーやコンビニのチョコ菓子
コーナーが緑色に染まっていますよね(笑)。

同じ12個入りなのに、そもそも箱の大きさが違う
オリオンロッテ抹茶チョコパイ対決1

厚みと大きさでは<オリオン>情
オリオンロッテ抹茶チョコパイ対決2
<ロッテ>モンシェルは小ぶりです

オリオン> 情 抹茶ラテ
オリオン抹茶チョコパイ1
12個入り

封を切った瞬間、すごい抹茶の香りがしてきました
オリオン抹茶チョコパイ2
いざ食べてみると風味は若干弱いのですが、美味しいです。
中に挟まっているのはマシュマロなので、これは好みが
分かれるかもしれませんね。


ロッテ> モンシェル 緑茶ラテ
LOTTE抹茶ラテチョコパイ1
12個入り

小ぶりですが、緑茶の風味が半端ないです
LOTTE抹茶ラテチョコパイ2
こちらは中にクリーム。ちょっと緑茶の味が濃すぎると
思いましたが、小ぶりだからちょうどいいのかも。

それにしても…、こんな大きな箱を2つも用意してくれて
以前は、品薄になっていたバナナチョコパイを買ってきて
くれたんだった
重かっただろうに、彼女はいつも笑顔で持ってきてくれる。

韓国のテレビ局で働くAちゃんには会うたび毎回とても
感謝していて、日本でもLINEでのやり取りでヤッパリ
毎回毎回、感謝の連続

出逢えて本当によかった。
私自身も、いつか彼女からそう思われるといいなーって
チョコパイを食べながら、そんなふうに思いました




>>次のページ