韓美生活:
思えば、以前は好き嫌いが多く、食べられないものが
たくさんありました。

お汁粉もその一つ。
美味しいお汁粉を食べたことがなかったせいか、
「おしるこ=甘いだけの汁」というイメージでした。

その印象を覆したのが「ソウルで二番目においしい店」
生まれて初めてお汁粉を美味しいと思いました。

それから、日本でも有名店のお汁粉を食べてみましたが、
やはりガッカリしたので、いつからか私の中でおしるこは
“韓国で食べるべきスイーツ”になっています。

おしるこ(小豆粥)
タムジャン-おしるこ1
8,000W(食べたときのレートで約790円)のところ、
このときクーポン提示で7,600W(約750円)に♪

「タムジャンヨッペ クッカコッ」
タムジャン-外観
舌をかみそうな店名ですが、日本語にすると美しい。
「塀の傍らに咲く花」
写真はソレ店のものですが、場所が不便でした。

私は近くのホテル「シェラトンソウルパレス江南」での
用事のついでに行きましたが、そうでもない限りは
便のいいチェーン店がオススメかも。

本店は中に入ると、もう一枚扉が…
タムジャン-店内1

扉を開けると店内はこんな感じ
タムジャン-店内2

芸能人もお忍びでよく訪れているそう
タムジャン-サイン
女優さんや女性アイドルが多いんだとか。

メニューはこんな感じ
タムジャン-メニュー
サツマイモやカボチャのお汁粉もすごく美味しそうで
惹かれましたが、店員さんに聞いたら、小豆粥(アズキの
お汁粉)が断然人気とのこと。それをオーダーしました。

タンパッチュッ(おしるこ)
タムジャン-おしるこ2
見るからに濃厚そう。シナモンの香りも漂いました。


…続きはこちらから~♪

前回、台湾で食べた小籠湯包をUPしましたが、その
台湾に持っていった旅ともコスメがドフーでした。

先月、韓国で肌の調子が悪くなったので、今回は迷わず
持参しました。

The history of 后(ドフー)> 秘貼自生エッセンス
台湾で韓国コスメ-ドフー1
20ml

あの企画力のないセット品の(笑)、ミニサイズのほう。

おかげで、今回は肌の調子が悪くなることはなかったです。
持っているだけで安心。まるで保険のようなコスメです!

もう一つドフーのクリームも持っていきました。

The history of 后(ドフー)> 還幻 ゴ
台湾で韓国コスメ-ドフー2
超高級クリームですが…。

以前と同じ感想でして、使い慣れないせいかヤッパリ
苦手かなー。

私はもう少し柔らかめのテクスチャーが好きなんですが、
高級クリームには違いないので、使い続ければきっと
肌にいいことが起こりそう




2月に入っても落ち着かない毎日ですが、日曜日なので
今日は台湾ネタを♪

今月の旅は、食べ台湾本が完成してから初めての台湾旅行!

本の冒頭に登場する小籠包だけは絶対に外せないと
決めていました。

招牌小籠湯包
上台北小館-小籠湯包1
8個/120元(このときのレートで約450円)

まさに食べ台湾本の1軒目に登場した「上台北小館」
上台北小館-外観1
本にあるように、入口には“五星級美食”の文字が

こちらでオーダー
上台北小館-オーダー

これが招牌小籠湯包
上台北小館-小籠湯包2
本によると“スープの大洪水”になる予定でしたが、
写真のように若干、肉汁スープが漏れ出ていて念願の
“洪水”とまではいきませんでしたが…

それでもやっぱりスープは多いほう
上台北小館-小籠湯包3
肉餡も美味しいし、何よりも!!
私はこの小籠湯包のモッチリとした皮がすっごく好み

小籠包というと薄皮が美味しさの代名詞のようになって
いますが、私自身はモチモチの厚みのある皮も大好き

こちらの小籠包も肉餡と肉汁だけでなく、皮も美味しくて
私の舌には高級店の洗練された小籠包より、こうした
家庭的なタイプのほうが合うみたい。

というわけで、漏れ出た肉汁がちと残念でしたが、皮の
美味しさがフォローしてくれました。

牛肉大餅
上台北小館-牛肉大餅1
100元(約370円)

牛肉のクレープなんですが…
上台北小館-牛肉大餅2
柔らかな牛肉でシャキシャキとしたネギとキュウリを巻き、
さらに皮で包んでいます。

味つけは北京ダック風。
牛肉には臭みもクセもなく、とても食べやすい。むしろ
北京ダックより好きかも!と思いました。
美味しいし、このお店に行ったら必ずオーダーしたい
料理ですね。

豚肉と卵の炒飯
上台北小館-チャーハン
100元(約370円)

パラパラ系のチャーハンでした。370円で普通にこの
レベルのチャーハンが食べられる台湾人がうらやましい。
そう思える炒飯でした。

薄皮の高級感ある小籠包に飽きた方にオススメしたい
小籠包のお店でした。


上台北小館
住 所:台北市中正區杭州南路一段7號(地図
電 話:02-2351-4195
営 業:11:00~14:00/17:00~20:30 無休
最寄駅:板南線「善導寺站」5番出口より徒歩4~5分

―行き方―
駅5番出口からの行き方は地図のとおり。

私はエスカレータのある4番出口を出て左折
上台北小館-行き方1

二つ目の交差点で大きな道路に出るとお店が見えます
上台北小館-行き方2
道路を渡ってすぐ!

店頭に貼ってありました^^
上台北小館-外観2
食べ台湾ブログでの紹介が




なんとなく入った食堂なのに美味しくてビックリ!
しかもフラリと入ったら、そこに偶然、編集者さんも
いたという(笑)。

食後は二人して、「ここ美味しいね」「また来たいね」と
盛り上がったのでした。

その食堂で食べた純豆腐チゲ(スンドゥブチゲ)
ソガン食堂-チゲ1
5,000W(このときのレートで約490円)

「ソガン食堂」
ソガン食堂-外観
中部市場近くにあります。

「中部市場」「食堂」で検索すると、ここが出てきたので
行ってみました。

編集者さんとは市場で待ち合わせていて、朝食は一人で
食べるはずでした。
が、食堂に入ったら見慣れた後ろ姿が…。
彼女が振り向き、目が合った瞬間『東京ラブストーリー』の
メインテーマが聴こえてきました

メニューはこんな感じ
ソガン食堂-メニュー1
チゲ類のほかに、チャーハンやビビンバもあります。

先にオーダーしていた編集者さんと二人分のバンチャン
ソガン食堂-チゲ2

私がオーダーしたスンドゥブチゲ
ソガン食堂-チゲ3
漂う香りからして美味しそう

辛くない白いチゲ
ソガン食堂-チゲ4
これが驚くほど美味しくてビックリしました。とても
優しい味。塩味なんですけど、本当にまろやか。
過去に食べたことのある白チゲより美味しかったです

ちなみに、チゲは日本人だから白いのではなく、この
お店のスンドゥブは元々、白チゲのようです。

編集者さんの魚チゲ(センソンチゲ)
ソガン食堂-魚チゲ
こちらはおなじみ、辛味のある赤いチゲ^^

辛いのが苦手な方は、私が食べたスンドゥブチゲがいいと
思います。

このチゲの美味しさの秘密
ソガン食堂-チゲ5
ただ豆腐が入っているだけでなく、プゴク(干し鱈)の
出汁とセウジョ(アミエビの塩辛)が旨みを引き立てて
いました。

そして嬉しかったのが焼き魚
ソガン食堂-チゲ6
東大門に行けば焼き魚ストリートもありますが、大きな
魚がドーンとくる定食は時に飽きることもあるので。

チゲがメインの定食で、こんなふうにカリッカリに
焼けた小サイズの魚がついてくるのは贅沢だと思います。

味はもちろん、カリカリの食感も美味しい
ソガン食堂-チゲ7
最高に美味しいチゲと、フライのような焼き魚にキムチ。
もう、ゴハンが止まりません

というわけで、そこまで期待していなかったのに、とても
美味しい朝食を食べることができました。

バンチャンは一つ欠けているものが…
ソガン食堂-チゲ8
韓国の方のブログで見ていた目玉焼きや玉子焼きといった
タマゴ料理が消えていました。

…というのも、この時期、韓国では鳥インフルが深刻で
卵不足を輸入で解消していたからです。

街の小さな食堂から卵料理のバンチャンが消え、一部の
お店ではケランマリを値上げしていました。
そんな時期でしたが、目玉焼きがなくても満足できる
朝食でした。

特に「中部市場」に行かれる方にはオススメしたいです


ソガン食堂서강식당(ソガンシッタン)-
住 所:ソウル市中区乙支路4街162-6
    (ソウル市中区乙支路28キル1-3)
電 話:02-265-7114
営 業:6:00~15:00 日曜は休み
最寄駅:地下鉄25号線「乙支路4街駅」7番出口より
    徒歩2~3分


―行き方―
駅7番出口を出たら道なりに右折して道路沿いを直進
ソガン食堂-行き方1

「中部市場3門」のところを右折
ソガン食堂-行き方2

道に入ったらすぐ左折
ソガン食堂-行き方3

すぐ左手にお店が見えます!
ソガン食堂-行き方4
駅から3分もかかりません。


よく見るとメニューも豊富
ソガン食堂-メニュー2
お肉やイカ、参鶏湯までありますね!

お店を出て左方向に歩いていくと…
ソガン食堂-行き方5
中部市場につながります。早朝から開店していますし、
買い物前にぜひ^^




>>次のページ