韓美生活:台湾エンタメ
昨年秋の東京国際映画祭で話題になっていたのが台湾映画の
『共犯』
ついに明日25日(土)から日本でも公開されます

『共犯』(英題:『Partners in crime』)2014年/89分
共犯 main
Double Edge Entertainment © 2014 All rights reserved.

2015年7月25日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

人気スターが出演しているわけでもないのに、東京国際映画祭では
チケットがいち早く完売したんだとか。

視覚障害を持つ天才ピアニストを描いた『光にふれる』で、
世界中の映画祭で注目されたチャン・ロンジー監督の長編2作目

この監督、映画関係者の間でも評価が高く、試写会で本作を
見てから『光にふれる』も見てみることに…。
テーマはもちろん作風も違う。
私は鈍感なので、何の知識もなく見ていたら、同じ監督の作品と
気づかなかったかも

多くの観客を感動させた『光にふれる』と違い、本作は現代社会の
影の部分を描いた学園ミステリー。
ある少女の謎の自殺から物語がスタートするため、目の離せない
展開になっています。

ある日、ホアンとイエとリンの3人は偶然、血を流して倒れている
女子生徒の変死体を発見
共犯 sub1
女子生徒の名前はシャー
共犯 sub2
彼女は一体、どんな子だったのか?
特に友達同士でもなかった3人は、奇妙な好奇心に駆られていく…


…続きはこちらから~♪