韓美生活:韓国映画ほか
ブログのリニューアルが大幅に遅れているため、先にUPしちゃいます、
『第3の愛』

言うまでもなく、ソン・スンホンと中国人女優リウ・イーフェイの交際のきっかけとなった中国映画。
『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督作品ですが、そんなことよりも、違った部分で興味津々です。


『第3の愛』(2016年/中国/113分)
『第3の愛』メイン
4月1日(土)よりシネマート新宿ほかにてロードショー
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^


愛を知らない大財閥の社長チージョン(ソン・スンホン)
『第3の愛』サブ2
彼は飛行機の中で号泣する美しい弁護士ゾウ・ユー(リウ・イーフェイ)にふと目を留める。

数日後、ある誤解から彼の元に抗議にやって来た来訪者を見て、チージョンは機内で見かけた女性だと気づく。
さらに別の日、チージョンの会社で起きた騒動に担当弁護士としてやってきたユーと再び遭遇。

こうした奇跡的な再会を経て、二人はやがて激しい恋に落ちていく
『第3の愛』サブ1

だがチージョンには、父親が決めた婚約者がいるのだった―
『第3の愛』サブ3
困難と向き合い、岐路に立たされた二人の愛の行方は?


*****
なんだろ、この生々しさは
主演の二人が本作の共演をきっかけに交際したこともあり、二人の思い出映画になってしまったような…。

特にラブシーンは実生活を見せられたような気まずささえ覚える。見てはいけないものを見てしまったような居心地の悪さ。

作品そのものは以前の韓国ドラマを見ているみたい。
偶然の出逢い、再会、三角関係から四角関係にまで発展。
そこで繰り広げられるエピソード。
とりあえず、陳腐なエピソードから二人は距離を縮めていく。

そして二人は北京で結ばれるが、おそらくこの頃にはすでにそういう関係になっていたのではないかと思えるほど、熱の入っブラブシーン。

ここで目を見張ったのは、二人のディープキスではなく、外の空気の悪さ
ホテルのベランダにシャツを干すが、空気がガスっている。晴れているようで、遠くの景色がすっかり霞んでいる。
こんな空気でも洗濯物を外に干すのかと驚いた。

終盤になると、また違った展開になり、二人に試練が訪れる。
ウンザリしたのが某家族の存在。中盤ですっかり忘れられた存在になっていたのに、終盤でまさかの再登板。

さて、二人は一体どんな結末を迎えるのか…。

問題はこの物語に入り込めるかどうか。
というのも、ソン・スンホンは相変わらず素敵なんだけど、言語だけが耳に馴染まない。

韓国語を一言も話さず、ファーファー言っているソン・スンホン。
違和感アリアリで、せっかくソン・スンホンが出ているのに「韓国」感ゼロなのが残念。
それを許容できないと、ちょっとつらいかも。

劇中、彼女がソン・スンホンに10元で買ったものをプレゼントするんですよ。
10元て、今だと約160円。

反対にスンホンはとんでもなく豪華なプレゼントをするんだけど、10元と超豪華プレゼント

彼女は「あなたが身につけると高級品に見える」と言うが、たしかにそれは正しい。
ただ、彼女も一応は弁護士という設定だから「10元はないよね~」と思わなくもない。

と、アレコレ言っても、二人の出逢いから恋に発展していく過程をリアルに見られるのは本作だけ。
そういう意味では貴重な作品といえるでしょう

オススメ度 ★★☆☆☆

どっちが好きかといったら、こっちのほうが好きかも?





『お嬢さん』『アシュラ』での異様な興奮に続き、
満を持しての公開となる『哭声/コクソン』

「死ぬほど韓国映画が好き~」って方は、3本ハシゴする
手もありますが、かなりヘビー
私からすると正気の沙汰じゃないように思います。


『哭声/コクソン』(2016年/韓国/156分)
哭声/コクソン_メイン
©2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

3月11日(土)シネマート新宿他にて公開
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

156分と尺が長いので、上映前はトイレに行っておいたほうが
いいです。下手すると、作品の衝撃でチビりますから


舞台は、平穏な田舎の村“谷城(コクソン)”
哭声/コクソン_サブ7

そこに得体の知れないよそ者(國村準)がやってくる
哭声/コクソン_サブ1
彼がいつ、どんな理由で村にやって来たのかを誰も知らない。
この男について謎めいた噂が広がる中、事件が勃発する。

村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく―
哭声/コクソン_サブ2
どの事件も、犯人の村人は必ず濁った眼に湿疹でただれた肌を
して、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだった。

事件を担当する村の警官ジョング(クァク・ドウォン)
哭声/コクソン_サブ6

彼はある日、自分の娘の異変に気づく―
哭声/コクソン_サブ4
娘にも殺人犯たちと同じ湿疹が出ていたのだ。

娘を救うため、よそ者を追い詰めるジョング。

一方で祈祷師(ファン・ジョンミン)の力も借りることに
哭声/コクソン_サブ3
だが村はさらに混乱し、誰も想像できない衝撃の結末へと
走り出す―。



…続きはこちらから~♪

前回、ディープな『お嬢さん』をUPしたばかりですが、
今週はもう1本、強烈なのが控えています。

今日から公開の血なまぐさい『アシュラ』
『お嬢さん』とハシゴしちゃうと、かなり濃厚で忘れがたい
一日になることでしょう。
私はしないけどね~(笑)。


『アシュラ』
   (2016年/韓国/133分/R15指定)
アシュラ:s-メイン
©2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

3月4日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

今週と来週はファン・ジョンミン&クァク・ドウォン祭りだな


犯罪と汚職が蔓延するアンナム市―。

刑事ドギョン(チョン・ウソン)は難病を患う妻のために
悪徳市長ソンベ(ファン・ジョンミン)と裏でつながっていた。

市長のために表沙汰にできない仕事を引き受け、手間賃を
妻の治療費に充てていたのだ。
だが、悪行を重ねるうちに、市長の犬ともいえる存在に
なり果てていた。

市長が選挙法違反で訴追されると、ドギョンは麻薬中毒の
チンピラを使って証人を脅迫。証言を撤回させ…

市長は晴れて無罪放免に
アシュラ:s-サブ2
ところがドギョンの上司ファン班長から、市長との癒着を
嗅ぎつけられ、分け前を要求されてしまう。

もみ合ううちにドギョンは誤って班長をビルの屋上から
突き落としてしまい、とっさに麻薬中毒のチンピラを犯人に
仕立て上げるのだった。

難を逃れたかのように思えたが、これが厄介なことに…。
ドギョンと市長の黒い関係を突き止められていたのだ。

地検特捜部キム検事(クァク・ドウォン)に
アシュラ:s-サブ3
キム検事は、ドギョンを刑務所に入れる代わりに、市長の
悪事を裏付ける証拠を録音してくるよう命令する。

警察を辞めて市長の下で働く予定だったドギョンだが
このままでは離職することもできない。

仕方なく、後輩刑事ソンモ(チュ・ジフン)を説得し―
アシュラ:s-サブ1
彼を市長のもとに送り込むのだった。

最初は渋々引き受けたソンモだが、市長のもとで贅沢の味を
覚えるうちに、彼は市長の生活に憧れ、やたら先輩風を吹かす
ドギョンが目障りに。
やがて市長に重用され、悪の道にのめり込んでいく。

一方、ドギョンは忠誠心を要求する市長と、拷問までして
犯罪の証拠を要求してくるキム検事の間で板挟み。
焦燥感と怒りを増幅させていく。

にっちもさっちも行かなくなったドギョンは、自分を捨て駒に
しようとする市長を守り通すのか、それとも検察に売るのか。

一か八かの賭けに出た結果、最後に生き残るのは―?


*****
一言で言うと、まともな人間が一人も出てこない映画。
“いい人”が一人でも出てきたならまだ救われるが、
よくぞここまで…というほど、悪人ばかりが登場する。

ドギョン役のチョン・ウソンにいたっては、どの道を
選択しようと悲惨な結末しか待っていないのは明らかで
最初から最後までとことん運が悪い。
だから弟分のソンモにオイシイところを持っていかれる。

ドギョンとソンモを翻弄する悪徳市長のソンベを、普段は
善良な役の多いファン・ジョンミンが演じている。
その演技が狂気じみていて、面白いんだけど怖い。
笑顔なのに目が笑っていないから。
フルチンで歩き回る姿もコミカルでさえ恐怖を植え付けられる。
一体どういう演技なのか、こういうのが一番怖かったりする。


…続きはこちらから~♪

今週から来週にかけて日本で公開される韓国映画は強烈な
ラインナップ
かなりヘビーだけど韓国映画好きにはたまらないかも。

先発はパク・チャヌク監督の『お嬢さん』
女優さん同士の超濃厚なラブシーンが話題でしたが、今は
主演女優キム・ミニとホン・サンス監督の不倫恋愛も注目され、
いろんな点で話題に事欠かない作品となっています。

原作は2002年にイギリスで発刊されたサラ・ウォーターズ作
『荊(いばら)の城』
イギリスではドラマ化もされているんですね~。


『お嬢さん』
   (原題:『アガシ』 2016年/韓国/145分/R18+)
お嬢さん_main
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

3月3日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^


1939年、日本統治下の朝鮮半島―。

盗賊団の一味に育てられた孤児のスッキ(キム・テリ)
お嬢さん_sub06
藤原伯爵を名乗る詐欺師(ハ・ジョンウ)からある仕事を
依頼される。

それは莫大な資産の相続人である華族の令嬢・秀子(キム・
ミニ)から資産を奪うこと。

秀子は叔父の上月(チョ・ジヌン)と広大な屋敷で暮らし、
敷地からは一歩も出ないため、スッキが彼女のメイドとなり、
“伯爵”の結婚詐欺の片棒を担ぐことに。

まずはスッキの手を借りて秀子を籠絡
お嬢さん_sub05

駆け落ちして秀子と結婚
お嬢さん_sub01
その後、秀子を精神病院に送り込み、資産を奪うという計画。

スッキは珠子と名乗り、屋敷に潜り込むことに成功するが…

秀子の美しさに魅了され、秀子もスッキに心を開くように
お嬢さん_sub02
伯爵との初夜のため、秀子に夜の秘め事を教えるスッキだが、
二人は身も心も結ばれてしまう。

やがて叔父の上月が出張で不在に。

スッキは秀子とともに屋敷を抜け出す
お嬢さん_sub03
日本で伯爵と落ち合うことにするが、そこには恐るべき運命が
待ち受けていた―。

*****
家族や女友達と一緒に見に行くと、かなり気まずい思いを
するかも。
強烈な濡れ場は、よくあるセックスシーンとは全然違うので
女同士で見に行くのはオススメできない。


…続きはこちらから~♪

>>次のページ