韓美生活:2011年08月
都内に美味しい韓国料理店はたくさんありますが、留学している韓国人の
女子たちからオススメされたのが赤羽にある韓国料理店「松花ソンファ)」。
ある女子は「実家のオンマの味が恋しくなったらこの店に行く」と言っていました。

松花-外観
本場韓国の味が再現されていて、しかもリーズナブルというのが人気の理由。
たしかに、このお店で食べる料理はどれも絶品です。コスパもいいし。
東京の端っこに位置する赤羽という微妙な立地でありながら、韓国エンタメ
業界の方たちとの飲み会でも話題になるほどの有名店です^^

突き出しはこんな感じ。
松花-突き出し
店主のアジョシおすすめ! ハムのサラダ。
松花-ハムサラダ
こだわりのハムと、ブーケレタスのサラダです。ドレッシングも美味しく、こんなに
大きなサラダも4人でペロッと食べちゃいました。アジョシも驚くほど一瞬で
なくなります(笑)。

チヂミもオンマの味
松花-チヂミ
この日のメインはカムジャタンにしました!
松花-カムジャタン1

…続きはこちらから~♪

今年の春に<バニラコ>で発売された商品。
スプリング テンプテーションシリーズキスコレクター シマースティック
イメージモデルとなった女優ミン・ヒョリンがつけて、なんと1ヶ月に3万本も
売上げたリップです

主力カラーは、ミン・ヒョリンが一番気に入ったというオレンジ。シリーズ名の
「春の誘惑」からして春はもちろんですが、夏から秋にかけても十分に使える
色ですね^^
この「ヒョリン’s オレンジ リップスティック」と呼ばれたリップは、ヒョウ柄の
パケも可愛いです^^

banila co.> Spring temptation Kiss Collector Shimmer Stick
バニラコ-オレンジリップ1
SOR213 allure オレンジ 13,000w(約990円) 4.8ml

まさに、ミン・ヒョリンがつけていた色で、ダイヤモンドパウダーとエッセンス
成分が配合されているそうです。
     バニラコ-オレンジリップ2
すでに新ヴァージョンの色も出ているのですが、コチラよりもさらに
明るい色でした。気になる方はぜひショップで試してみてください^^


一方、以前お友達から「ばらまき土産に最適なの~」といただいた<フェイス
ショップ
>のPLUS+1リップケアクリーム
3,300w(約250円)でグロス効果も抜群! つけ心地がよかったので私も
お土産用に…と思っていたら、廃番になっていたんですね(涙)。
リニューアルして登場したのがラブリーミックス リップケアクリーム

THE FACE SHOP> Lovely ME:EX LIP CARE CREAM
     フェイスショップ-リップケア1
I'm Vitamin 13ml 3,900w(約300円)


…続きはこちらから~♪

思い出すと食べたくなるのが、ソウルで食べるテンジャンビビンバ。
少ししょっぱめの味噌チゲをご飯にかけて、ビビンバにして食べるのですが
これが結構イケる!
私が好きなお店は鐘路にある「テンジャン イェスルクァ スル芸術と酒)」。
     テンジャン芸術と酒-外観
ハン・ガインほか、女優さんらもよく訪れているそうで、あの古家正亨さんも
オススメのお店として紹介されています^^

オーダーしたのはテンジャン定食
     テンジャン芸術と酒-味噌ビビンバ定食
以前は6,000wでしたが、現在は7,000w(約530円)になっています。でも
530円でこんなに出てきちゃいました。もちろん一人前。どうしましょう~^^;

こちらが何年も煮詰め続けている味噌チゲ。テンジャン芸術と酒-味噌チゲ
地方で作られた“こだわりの味噌”は、かなりしょっぱい。でも、これが
ご飯と野菜によく合うんです^^
赤米入りご飯に、刻んであるサンチュとニラをのせてテンジャンをかけます。
テンジャン芸術と酒-ビビンバ1
これを混ぜてビビンバに!
テンジャン芸術と酒-ビビンバ2
飽きたらエゴマの葉で巻いたり、他の突き出しをご飯にのせて食べますが、
味噌(テンジャン)の味だけでまず飽きない(笑)。これだけでも十分に
美味しい~です


…続きはこちらから~♪

昨日の『ハウスメイド』つながりで、アン・ソンギ作品の話題。
少し前に「韓国ニュー・ウェーブ、再発見」を観に行きました。

1960年に子役で『下女』に出演していたアン・ソンギですが、1980年には
こんな姿に。
     韓国ニュー・ウェーブ、再発見
鯨とり ナドヤカンダ』『風吹く良き日』ともに、ソウルオリンピック前の映画です。

古~い作品ですが、80年代のソウルがたっぷり詰まっていて、反対に新鮮に
感じられました。今では、韓ドラに“お母さん役”としてよく登場する女優さんたちの
若かりし頃も見られます^^
韓国映画ファンとしては、たまにこういう作品を上映してもらえると嬉しいですね



>>次のページ