韓美生活:2014年12月
毎年言っていることですが、今年もあっという間の一年でした

実は、去年行ったお店さえもUPできなかったりと、今年はブログでも
悔いの残る一年だったかも

もっといろいろな情報を…と思いつつ、ほかのことで手いっぱいで、
なかなか上手くいきませんでした。
本当に余裕のない一年だったので、この反省は来年に活かせたらと
思います

こちらはソウルで食べた一足早い年越し蕎麦?
年越し冷麺
蕎麦ではなく冷麺でした^^;

鍋の〆が冷麺だったんです。
グツグツ煮込んでから食べたのですが、これがとても美味しくて…。
詳しくはまた来年に

というわけで、皆様、今年も大変お世話になりました。
いつもありがとうございます
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年を~




早いもので今年最後の「肉の日(29日)」となってしまいました
万年ダイエッターなので、今年最後のお肉はちょっとヘルシーな
料理をUPしたいと思いまする。

黒豆腐ポッサム
オス-黒豆腐ポッサム1
(中)35,000W(食べたときのレートで約3,600円)
女子3人で食べたので、一人当たり1,200円ってところですが、
この日は韓国人のステキ女子にゴチしていただきました。
ありがとうございました

お店は仁寺洞にある「オス」
オス-外観
くつろげる店内
オス-店内
すぐにバンチャンとお肉につける焦がし味噌が並びます
オス-バンチャン

…続きはこちらから~♪

ソウルから戻ってバタバタしているうちに、日本でも公開されました。
ヒョンビン主演の韓国映画『王の涙―イ・サンの決断―』

韓国時代劇が好きな方にはたまらない映画だと思いますが、冒頭、
人物相関図が出てきたりするので、時代劇が苦手な人でも楽しめる
作りになっています。

『王の涙―イ・サンの決断―』(原題:『逆鱗』)
                    2014年/韓国/137分
王の涙_main
©2014 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

12月26日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開!
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをクリックしてご覧ください^^

500年も続いた朝鮮王朝時代、名君として今も尊敬される王イ・サン。
本作では史実にフィクションを加え、イ・サンを偉大な王へと変えた
運命の24時間を描いています。
その波乱の人生は韓国ドラマ『イ・サン』でもおなじみなので、今日は
ザックリと。

祖父である先代王の英祖によって父親を殺されてしまったイ・サン
(ヒョンビン)。
25歳で即位してからも暗殺の脅威に怯え、信頼できる家臣は宦官の
ガプス(チョン・ジェヨン)のみ。
王の涙_sub
暗殺の不安と恐怖で、いっそ死を願った―。

一方、イ・サンの義理の祖母である貞純王后(ハン・ジミン)はイ・
サンの失脚を狙い、当代一刺客ウルス(チョ・ジョンソク)が王の
暗殺者に抜擢されます。
そして1777年7月28日、刺客が王の寝殿にまで押し入ったという
歴史的事件「丁酉逆変」が起こり…。



…続きはこちらから~♪

※追記 : 残念ながら、コチラのお店は閉店しました。

長々とソウルに滞在して日本に帰ってきたのに、現地で合流した
R子オンニと羽田空港内で軽くお茶することに

現地でも散々、美味しいものを食べて、買い物して、お茶もしたのに
それでも話は尽きません

スペシャルフレンチトーストのコーヒーセット
富士屋ホテル-フレトーセット1
1,0000円(税抜き)

ここは羽田空港内の「FUJIYA HOTEL On The TOAST
富士屋ホテル-羽田空港内
羽田空港 国際線ターミナルビル2F到着ロビーにありますね^^

フレンチトーストは単品だと800円
富士屋ホテル-メニュー
コーヒーはお代わり自由でした

こんな感じで、見るからに美味しそう~
富士屋ホテル-フレトーセット2
しかも、こんなフレトーは初めて
富士屋ホテル-フレトーセット3
パンがシットリしていて、とにかく柔らかく、まるでプリンみたい。
これまで食べてきたフレトーとは全然違うけれど、これはアリですね


…続きはこちらから~♪

>>次のページ