韓美生活:2015年09月
前回の続きになります

「狎鴎亭プルベッ」で美味しいプルコギを食べたら、お隣の
カフェに移動。韓国人の女子らとスイーツを楽しみました

マンゴーピンス(大)
自由が丘8丁目(狎鴎亭)-マンゴーピンス1
17,000W(春に食べたときのレートで約1,980円)

「自由が丘8丁目」の狎鴎亭店
自由が丘8丁目(狎鴎亭)-外観
以前行った安国店とは少しカラーが違う感じ
賑やかだったプルコギ食堂と違い、こちらは静かな店内。
のんびりした雰囲気で居心地がよかったです

4月なのに蒸し暑い夜だったのでマンゴーピンスをオーダー
自由が丘8丁目(狎鴎亭)-マンゴーピンス2
マンゴーソースとアイスクリーム、緑茶もついています

氷の感じは台湾で食べる「辛發亭」の雪片冰に少し似ていて、
マンゴーののせ方も豪快
マンゴーソースを一気にかけても、甘ったるくならず、とても
美味しかったです。

途中でアイスクリームをのせました
自由が丘8丁目(狎鴎亭)-マンゴーピンス3
別にオーダーしたアメリカーノのホットは4,400W(約510円)。

ここから、日本人2人と韓国人女子2人のミーハー話がスタート
まさに日韓戦(笑)。
気づいたらマンゴーカキ氷を完食していました


JIYUGAOKA8丁目 狎鴎亭
  -지유가오카핫초메 압구정(自由が丘8丁目 狎鴎亭)-
住 所:ソウル市江南区新沙洞549-7
    (ソウル市江南区論峴路175キル60)
電 話:070-4151-2237
営 業:10:00~23:30 旧正月と秋夕はお休み
最寄駅:地下鉄3号線「狎鴎亭駅」4番出口から徒歩6~7分

―行き方―
駅からの行き方は、下記の地図を参考になさってくださいね。
明洞方面からのバスでの行き方は前回の日記に書きました
そちらをご覧くださいませ。



蓮 banner




今日は肉の日

というわけで、半年ぐらい前に食べた美味しいプルコギを
プルベク-プルコギ1
カロスキルからも近い「狎鴎亭プルベッ」
プルベク-外観
韓流スター、K-POPアイドルが多数来店しています
プルベク-店内
プルコギ定食3人分をオーダーしたら…
プルベク-テーブル1
目玉焼きなどテーブルの上にバンチャンが並びました
プルベク-テーブル2
主役のプルコギがフライパンにのまま登場
プルベク-プルコギ2
一人前7,000W(このときのレートで約810円)×3人分


…続きはこちらから~♪

2005年に韓国で発覚した、アノ事件を描いた作品が今週末から
日本でも公開されます

元ソウル大学のファン・ウソク教授が「世界で初めてヒトの
ES細胞作製に成功した」とする2本の論文が、捏造だったと
発覚した衝撃的な出来事―。
当時、日本でも大きく報道されたのでご記憶の方も多いのでは
ないでしょうか。

『提報者~ES細胞捏造事件~』
     (原題:『提報者』)2014年/韓国/114分
提報者main
©2014 MEGABOX PLUSM & WATERMELON PICTURES CO., LTD.
ALL RIGHTS RESERVED


10月3日(土)~10月9日(金)までヒューマントラスト
シネマ渋谷
にて一週間の限定公開

詳しいあらすじや公開情報等はHPをご覧ください^^



韓国で初めてヒトのES細胞製作に成功したイ博士(イ・
ギョンヨン)
提報者sub2
その発表で、悲願だったノーベル賞受賞への期待が一気に高まり、
韓国は沸き立つ。博士は国民の誇りとまで称された。

だが、1本の告発の電話が全世界を揺るがすことに―
提報者sub3
テレビ局プロデューサーのユン(パク・ヘイル)は取材を開始
提報者sub4
真実を明らかにしようとするが、世論やマスコミ、政府からも
激しい圧力と抗議を受ける
提報者sub5

…続きはこちらから~♪

秋夕の夜―。
今夜は韓国ネタでも台湾ネタでもありません。
教えていただいた動画を見ていたら、思わず涙が
止まらなくなりました

お母さんが大好きという方、お子さんがいらっしゃる方、そして
愛する人や守るべき家族がいらっしゃる方にも見ていただきたい。
どうか、最後の1秒まで。
私は物語に泣いたあと、心がホッコリしました

『いのち』 唄:hiwa

作詞作曲のコモリタミノル氏(以前は小森田実)は「らいおん
ハート」などSMAPの曲を多く手がけているんですね
松田聖子の曲も
韓国ではBoAにSS501、リュ・シウォン、故パク・ヨンハまで…。

『いのち』は、まさに歌とストーリーと絵が三位一体となった
作品と思いました。
そのうちのどれかがほんの少し欠けていても、こんなふうに
感動することはなかったかも。

素晴らしい楽曲は国境をも越える。
この曲のメッセージが世界中の方に届いたら嬉しいです。

私の大切なお母さん、私のことを生んでくれてありがとう




>>次のページ