韓美生活:2016年10月
今週もあわただしい1週間になりそうな予感
とりあえず、肌の調子を整えるべくハトムギ茶

ダムト> くるみアーモンド ユルム茶(ハトムギ茶)
ユルム茶1
15包/4,850W(買ったときのレートで約450円)

明洞「ハーモニーマート」での金額ですが、クーポン
使用したので、もう少しお安くなりました。

韓国好きな方にはおなじみのお茶ですね
ダイエット茶として人気がありますが、私の場合、この
お茶を飲んだから痩せた…ということはありませんでした

毎日、根気よく飲んでいるとダイエット効果もあるのかも
しれませんが、いつも思いつきで飲んでいます
特にダイエットに効果がなくとも、ハトムギ成分なので
体や肌にいいこと間違いなし

中のパウダーをお湯で溶かすだけ
ユルム茶2
ハトムギ以外に、クルミとアーモンド、松の実など、
カリウムやビタミン豊富なナッツ類が入っていますね

肌を整えてくれるだけでなく、整腸作用や脂肪燃焼の
効果もあるという

ほんのりと甘いきな粉の味
ユルム茶3
最後、カップの底に残る粉っぽさが苦手ですが…

今日も、このハトムギ茶を飲んだら出かけます




早いもので今月も肉の日となりました。
これで今年の肉の日は残すところ2回になってしまいます

もうずっと以前、弘大入口の「キサ食堂」に行った際、
そこで食べた炭火焼肉がとっても美味しくてゴハンが
止まりませんでした

それと同じくゴハンが止まらないお肉と出逢いました

網焼きの豚ブルコギ
ソンジョン食堂-網焼き豚定食1
味付けがツボで、万年ダイエッター泣かせの定食でした

東大門の「ソンジョン食堂」
ソンジョン食堂-外観
焼き魚ストリートにあります

メニューはこんな感じ
ソンジョン食堂-メニュー
一番下が地元民に大人気という「불꼬지백반(プルコチ
ペッパン)」

ところが、ここで問題が発生
おひとりさまがOKの「キサ食堂」と違い、ここは「ひとり
焼肉定食はNG」という

ただ…。
この時点で、某大手サイトの紹介記事に「注文は
二人前から」とは書いていなかったんです。
(連絡したので今は注意書きがしてあります)

仕方なく席を立ったんですが、ここでアジョシと目が
合い…。
「本当は二人前からなんだけど、今日だけ特別に」と、
席に座らせてくれて
アジュンマはブーイングでしたが、「今日だけよ!」と。

並べられたバンチャン
ソンジョン食堂-バンチャン1

なんだか申し訳ない展開に
ソンジョン食堂-バンチャン2
そんなわけで、ホントは二人前からオーダーなんですが、
この日は一人前だけ用意してもらいました。

プルコチペッパン(網焼き豚プルコギ定食)
ソンジョン食堂-網焼き豚定食2
一人前7,000W(春に食べたレートで約680円)
今だと630円ぐらいになるんですね


…続きはこちらから~♪

軟弱肌なのでピーリングは熱心にするほうではなく、
使っているのは台湾の緑豆洗容素ぐらい…。アレ、
私の肌とは相性がとってもいいので

ところが「皮膚が薄くてデリケートな方でも安心して
使えるからオススメですよ」という<アバウトミー>の
店員さんのささやきに乗せられて買っちゃいました
家で簡単に毛穴ケアができるピーリングパッドを。

肌の角質や老廃物を取り除いて、毛穴をケアしてくれます。
効果としては肌がツルッとして化粧のノリが違ってきます
あと、初対面の方から肌を褒めてもらえる

私の軟弱肌でも全然OKだし、これなら週1ペースで
使いたいアイテムかも

ABOUT ME> SKIN TONE UP PEELING PAD
アバウトミー-ピーリングパッド1
7g/1,000W(このときのレートで約90円)

開封するとこんな感じ↓
アバウトミー-ピーリングパッド2
洗顔後、顔の水分を拭き取り、人差し指と中指の2本を
パッドの中に入れます。

まずは黄色いメッシュパッドの面で
アバウトミー-ピーリングパッド3
肌のキメに沿って顔全体を軽く拭き取ります。
レモンエッセンスで湿っているので、ほのかに柑橘系の
香りが漂います。

今度は柔らかいエンボス加工した白い面
アバウトミー-ピーリングパッド4
鼻や唇など角質が多い部分を集中的にマッサージして、
軽く拭き取ります。
こちらはAHA成分(フルーツ酸)が配合されていて、
肌をなめらかに整えてくれます。

最後に水で洗い流すと、肌がツルンとした仕上がりに

そんなに頻繁には使用しませんが、ちょっと時間のある朝、
このピーリングパッドを使ってからとシートマスクで
肌を潤すと、栄養分がグビグビ肌に入っていく感じ

なんと言ってもお安いので、ちょっと肌がくすんだり、
ザラついているように感じたとき、使いたいアイテムと
なりました




映画の秋ですね~

今週末、新たに韓国映画が公開されます。イム・シワン主演の
『戦場のメロディ』
実在した「海軍児童合唱団」をモチーフにした作品です


『戦場のメロディ』
 (原題:『兄への思い』 2015年/韓国/124分)
戦場のメロディ_メイン
©2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD.All Right Reserved.

10月29日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか
全国順次ロードショー


詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^


1945年夏―。日本の植民地支配から解放された朝鮮半島に
「韓国」と「北朝鮮」の二つの政府が誕生。
双方は激しく対立し、1950年6月に朝鮮戦争が勃発する。

翌年夏、サンヨル(イム・シワン)は韓国軍の小隊長に
戦場のメロディ_サブ5
ところが北朝鮮軍の奇襲攻撃を受け、一瞬にして仲間たちを
失ってしまう。

翌年、心に深い傷を負ったサンヨルは釜山の部隊に転属
戦場のメロディ_サブ3
司令部の命令で建設された孤児院の管理を任される。

孤児院の若き院長ジュミ(コ・アソン)と出会うが
戦場のメロディ_サブ2
彼女は“カギ爪の男”と呼ばれるカルゴリ(イ・ヒジュン)の
元で働かされている戦争孤児たちの惨状に心を痛めていた。

サンヨルも両親を奪われた子供たちの苦難に衝撃を受ける
戦場のメロディ_サブ4
そして彼は戦争孤児を集めた「ソルリン児童合唱団」を結成。

強欲なカルゴリは見返りを期待して子供を合唱団に差し出すが、
父親が命を落としたことで自責の念にかられているスニは
歌おうとしない。

それでも少しずつ笑顔を取り戻していく子供たち
戦場のメロディ_サブ1
見事なハーモニーを奏でるようになり、戦地での慰問公演も
決まるが―。



…続きはこちらから~♪

>>次のページ