韓美生活:■韓国映画『ビューティー・インサイド』
今月って、日本で公開される韓国映画が6本あるんですよね。

1.『ダイナマイト・ファミリー』1月9日(土)
2.『殺されたミンジュ』1月16日(土)
3.『ビューティー・インサイド』1月22日(金)
4.『メモリーズ 追憶の剣』1月23日(土)
5.『私の愛、私の花嫁』1月23日(土)
6.『アトリエの春、昼下がりの裸婦』1月30日(土)

全然違ったジャンルの作品ですが、一番好きだったかも
1役123人で楽しませてくれた『ビューティー・インサイド』
今週22日(金)から公開されます

『ビューティー・インサイド』(2015年/韓国/127分)
ビューティーインサイド メイン
(C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD. All Rights Reserved.

2016年1月22日(金)TOHOシネマズ新宿、ヒューマントラスト
シネマ渋谷ほか全国順次公開!


詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

『殺されたミンジュ』ではキム・ヨンミンが1人8役でしたが、
本作は1役123人

この発想、新しいですよね。
しかも、日本でもおなじみの俳優さんや女優さんがたくさん
出てくるので、ただ見ているだけでも飽きません

家具デザイナーのキム・ウジンは18歳の頃から、目覚めるたび
姿が変わる男。
朝起きると、老若男女問わず別人の姿になってしまう。
その秘密を知るのは、彼の母親と親友のサンベク(イ・ドンフィ)
だけだった。

ある日、ウジンはアンティーク家具専門店でイス(ハン・
ヒョジュ)と出逢い、恋に落ちる―
ビューティーインサイド サブ5
彼は毎日、彼女に逢うため、別人の姿になって店に通うのだった
ビューティーインサイド サブ1(上野樹里)
告白できる“見た目”(パク・ソジュン)になった日、彼は初めて
イスをデートに誘う
ビューティーインサイド サブ6(パク・ソジュン)
同じ姿でいるため、ウジンは3日間も徹夜してイスとの時間を
過ごすが、うっかり電車で寝てしまい、ハゲたオッサンへと
姿が変わってしまう

彼を待ち続けるイスに、ウジンは真実を話すことに…
ビューティーインサイド サブ2(ユ・ヨンソク)
戸惑ったイスだったが、彼と一緒にいることを決める
ビューティーインサイド サブ3(イ・ジヌク)
こうしてイスは「世界で一番、たくさんの人から愛される女性」に
なっていくが…。

毎日の変化は楽しいことばかりではなかった―
ビューティーインサイド サブ4(キム・ジュヒョク)
ウジンとイスが出した結論は?

「今日はここまで」

*****
自分がイスだったらどうだろう
ウジンがいつもカッコ良い人に姿を変えてくれればいいけど、
ときには老人だったり子供だったり。外国人のときもあるし。
女性になるときも…
中身はキム・ウジンだとしても、生理的に受け付けない容姿に
なることもあるわけだし

いくら「私は中身で男の人を選ぶわ」なんて言っても、相手を
好きになるとき、中身のほかに外見だって重要ですよね。
むしろ見た目で第一印象が決まったりするし、
「どんな外見でも中身さえ良ければ…」なんてことは言えない

そんなこんなで、最初は楽しんでいたイスが疲れていく様子は
すごく共感できたし、見終わってからも「自分だったらどうかな」
の答えはヤッパリ出せないままなのでした。

それにしてもハン・ヒョジュが輝いています
初めてハン・ヒョジュを間近で見たのは舞台挨拶だったか
記者会見だったか。
とにかく透き通るような白い肌と、一点の曇りもない笑顔が
印象的でした。
あれから何年もたっているはずなのに、ますます美しさに
磨きがかかっている
素敵な女優さんだなーと思います。

一方、パーティ場面で出てくるイ・ジヌクは年を取りましたね。
ハン・ヒョジュと並んだとき、そんなふうに感じました。
あの場面で登場するのはイ・ドンウクのほうがよかったかも

オススメ度 ★★★★☆

今となっては忘れたい過去



関連記事


コメント

いつも楽しく読ませて頂いています。また、イドンウクの映画なので思わず反応してしまいました。
いい作品でしたね。突飛な内容なのに違和感が無かった。
映像も綺羅で彼女の清楚な美しさに…こんな人なら…納得ですね。
沢山のウジンがいる中、keyになるウジンは二人かな?と、勝手に、その片方がドンウクで、いい場面で使って貰えてありがたかったです。
お久しぶりです!!

私もこの作品、好きでした。
ちょっと今までにないストーリーでしたが、たくさんのウジンにも、
美しいイスにも共感できちゃう内容でした。

イス役はハン・ヒョジュで大正解でしたね。
透明感のある女優さんで、この役にピッタリでした。

イ・ドンウクはパーティのシーンで出てくるものと
想像していたので、イ・ジヌクの登場に「えーっ!」な
感じでした。
ラストシーンでもよかったかも^^

相手がイ・ドンウクのような容姿になった日には、
可能な限り徹夜して、その姿を維持してほしいですね(笑)。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://lovekomylife.blog22.fc2.com/tb.php/1710-0549507d