韓美生活:■韓国映画『アトリエの春、昼下がりの裸婦』
いい意味で、自分の想像を大きく裏切ってくれた作品。
『アトリエの春、昼下がりの裸婦』
派手な演出はなく、とにかく“美しい”の一言に尽きます。

その映像美は、キム・ギドク監督の『春夏秋冬、そして春』を
見たときと同じぐらいの衝撃でした

海外の国際映画祭で高く評価されたのも納得です。
ストーリー的にはDVDで見てもいい作品かもしれませんが、
映像の素晴らしさを考えると、ぜひスクリーンで見たいもの

『アトリエの春、昼下がりの裸婦』
     (原題:『春』 2014年/韓国/102分)
晩春atorie_main
©2014 STUDIO HOOK, All Rights Reserved.

2016年1月30日(土)より、シネマート新宿、シネマート
心斎橋にてロードショー


詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^



ベトナム戦争が韓国に暗い影を落としていた1969年―。

全身の麻痺が進むという難病を抱えた彫刻家ジュング(パク・
ヨンウ)は、美しい湖畔の田舎町・浦項で療養していた
晩春_sub5
創作を断念し、生きる希望さえも失った夫を見かねた妻(キム・
ソヒョン)
晩春atorie_sub3
妻は夫の創作意欲を取り戻すため、素朴な町娘ミンギョン(イ・
ユヨン)にモデルを依頼する
晩春chara1
ヌードになることで戸惑っていたミンギョンも、悲惨な事情から
受け入れることに―
晩春atorie_sub1
湖畔のアトリエで創作を再開したジュング
晩春atorie_sub2
ミンギョンも日常の辛さから解放され、明るさを取り戻す
晩春atorie_sub4
やがて二人は彫刻家とモデルという関係を超え、深い絆で
結ばれていくが―
晩春chara2
二人に訪れた“人生の春”は美しくありながら、あまりにも
儚かった―

2AMのイム・スロンや女優ハン・ヘジンなど、名もない役で
友情出演しています。『メモリーズ 追憶の剣』のペ・スビンも
登場。
チョ・グニョン監督の前作に出演していたからですねー。


*****
いただいた資料に「珠玉の文芸エロス」とか書かれていますが、
この作品を見て「エロい」とは思いませんでした。

イ・ユヨンがフルヌードとなり、ヘアまで見せているので、
タイトルからして彫刻家と裸のモデルのラブシーンを想像して
いましたが、そんなありがちなストーリーに展開することなく、
静かな余韻を残してくれました。

タイトルやあらすじからして、ドロドロの不倫に発展し、激しい
濡れ場があるものと思いませんか
そんな想像をしながら劇場に足を運ぶと、目に飛び込んでくる
美しい映像と、切ない結末に驚かされると思います

気になったのがミンギョンのワキ毛
ジュングの妻が「モデルとしてのたしなみだから」と、ミンギョンの
ワキの毛を剃るシーンがあります。
今の時代、レーザー脱毛でワキ毛なんかも簡単に消滅できますが、
物語は1969年という設定。
まだ若い女の人もワキ毛を生やしていたのかなーと思ったり、
下の毛は剃らなくていいんだろうかと、少し疑問を感じました

結末については賛否両論だったようですが、印象的だったし、
冒頭のシーンが伏線になっているという演出も、私は
好きでした。

フルヌードになったイ・ユニョンが賞賛を浴びましたが、妻役の
キム・ソヒョンもよかった
晩春chara3
夫のことを気遣いながらも、アトリエには入ろうとしない妻。
妻の目線で本作を見ると、終盤で泣けてきました

オススメ度 ★★★★☆

なのにドロドロの不倫愛憎劇が似合ってしまうキム・ソヒョン



関連記事


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://lovekomylife.blog22.fc2.com/tb.php/1717-3f11f924