韓美生活:■韓国ミュージカル『マタハリ』②
今週、超大作ミュージカル『MATA HARI マタハリ』
ワールドプレミア一幕二幕のご報告をしました。

ご存知のように制作費250億W(約25億円)という超大作の
創作ミュージカル。
それなのに、3月25(金)~27日(日)のプレビュー公演での
観客の評価はイマイチ

そこで制作会社は、本公演でストーリーや演出をガラリと
変えるという荒療治に踏み切ったわけです。

私が見に行ったのは3月29日(火)、本公演の初日でまさに
『MATA HARI マタ・ハリ』のワールドプレミアであり、
開演前のレセプション会場には本作の作曲家フランク・
ワイルドホーンはもちろん、世界各国からミュージカル界の
トップが集まっていました

華やかなレッドカーペットをマタハリ役のキム・ソヒャンや
ラドゥ役のキム・ジュンヒョンさん、またアルマン役の
チョン・テグン(VIXXのレオ)が涼しげな表情で、歩いて
いましたが…。

アルマン役のチョン・テグン(VIXXレオ)
2016年4月マタハリ(アルマン)
この日、キャスティングされていたマタハリ役のオク・
チュヒョン、ラドゥ役のリュ・ジョンハン、アルマンの
ソン・チャンウィは楽屋で新たな演出を確認しながら、
バッタバタの時間を過ごしていたのかも

そもそもプレビュー公演から中1日、空けただけの本公演。
時間的余裕もなかったでしょうから。
これまで長いこと稽古で覚えてきたものが、短期間でガラリと
変わるという。
役者さんたちの負担の大きさは半端じゃなかったと想像します

そんなこんなで、幕を開けた『MATA HARI マタハリ』本公演。
演出を変えたものの、その評価はやはり芳しくなかったようで。
韓国の記事に掲載された「決定的に何かが足りない」
この一言がこの日の公演を象徴していたように私も思いました。

そんなわけで、せっかくご招待いただいたのに、さほど
ハマらなかった『マタハリ』ですが…。
先月見に行くと、さらに変化していてビックリ

曲は変わっていませんが、ストーリーが散漫に感じられた
3月と違い、いい感じに仕上がっていました。
これから観に行かれる方は楽しめるんじゃないかと思います。

『MATA HARI マタ・ハリ』2回目のキャスト
2016年4月マタハリ1
この日はキム・ジュンヒョンさんのラドゥー大佐を見ることに

マタ・ハリ役は前回と同じくオク・ジュヒョンですが…
2016年4月マタハリ2
私が行く前の週、ついに喉の調子を悪くし、休んだようですね。
ただ、もう一人のキム・ソヒャンもとても評判がいいので、
どちらで見ても楽しめそうです。

ラドゥー役のキム・ジュンヒョンさん
2016年4月マタハリ3
ジュンヒョンさんも先月中旬は調子悪かったようですが、
私が行った日は絶好調だったと思います。
役もピタリとハマっていてカッコ良い。ジュンヒョンさんの
ためにあるような役だと思いました。

マタ・ハリにスパイになるよう持ち掛けるシーンではリュ・
ジョンハンと同じく、本当に短いシーンですが、タンゴ調の
ダンスを踊ります。
大事なことを依頼するのに、なぜタンゴを踊るのか。
この日もワケ分かりませんでしたが、ジュンヒョンさんも
ダンサーに合わせて少しだけ踊ります。

アルマンはこの日もソン・チャンウィ
2016年4月マタハリ4
とても素敵にアルマンを演じているので、ソン・チャンウィ
以外でアルマンを見る理由が今のところ思い当たりません。

今日は、本作で私の好きな曲BEST3とともに、前回との
違いを書いておきます
前回までと同じく「ネタバレあり」なので、知りたくない方は
ここでストップしてくださいませ


3位 From Way Up There/저 높은 곳(アルマン&マタ・ハリ)

アルマンとマタ・ハリの出逢いのシーンで歌われる曲。
3月と大きく変わったのは、二人のラブラブ度がUPしたと
いうこと。キスの回数も増えました

この変化は、すごく重要です
マタハリとアルマンがイチャつくほど、二幕で残酷な事実を
知ったときのマタ・ハリの悲しみがよりリアルに伝わって
くるので。
「あぁ、マタ・ハリってば、アルマンのことが好きで好きで
仕方ないのね」と思えたことが、先月のラストシーンの涙に
つながったのかも

ただ、アルマンのコミカル度がUPしたのに対し、マタハリが
酔っ払いを追い払うシーンは前回のほうが面白かった。
この日のマタハリも「ヤーッ」と、酔っ払いを追い払いますが、
言い方が可愛らしくなっていて、あまり笑えませんでした。
やっぱりオク・チュヒョンは、前回のメスゴリラ風の迫力ある
動きのほうが面白いです。

いずれにしても、オク・チュヒョンとソン・チャンウィを
見ていると、この二人は本当に付き合っているのではないかと
思えるほどのラブラブぶり
男勝りのオク・ジュヒョンが少女のように可愛いです


2位 If You Fail/추락할 땐(アルマン、ジャークほか)

アルマンと仲間たちが少年兵士のジャークを励ます曲。
正直、本作の曲は好みが分かれるところ。
歌い上げる歌が多く、どれも似たような曲に聴こえる中、
とても特徴的な気がします。
ここで中心となっているジャークが帰らぬ人になるあたりも
悲しい


 Man To Man/남자 대 남자(ラドゥ&アルマン)

映像と違い、生で聴くジュンヒョンさんとソン・チャンウィの
コンビは鳥肌モン

しかも、ソン・チャンウィのアルマンが怒りで椅子を床に
「ゴン」と叩きつけるシーンに彼の感情が表れていて、
すっごくいい
前回、そこまで感情をむき出しにすることはなかったから。

ラドゥの命令によって、二度と生きて戻って来られない危険な
場所に送られる怒り。
“椅子ゴン”の動き一つで、ラドウの命令を受け入れるしかない
アルマンの憤りが感じられ、それゆえに次のシーンで、
何も知らずアルマンの名を呼び、探しに登場するマタハリの
姿が悲しくて泣けてきました


…って、好きな曲を挙げてみると全部、一幕だし
しかも、アルマンの曲ばかり
マタハリの曲が1曲もない

<二幕>では、真実を知って病院を飛び出したマタハリとアルマン、
そしてラドゥの3人で歌う「What Am I To Do?/이제 어디로」
が好き
シビれます

マタハリのソロをあえて挙げるなら…

最初に歌う「I Won't Go Back/돌아갈 수 없어」と

最後に歌う「One Last Time/마지막 순간」かなー。

(この映像の3分5秒あたりから歌う曲です)

ラドゥーのソロに関しては、曲調がどれも似ている気がして、
特にコレ!というのがありませんでした
まぁ、これは人それぞれかと思います。

ちなみに、リュラドゥとジュンヒョンラドゥですが…
2016年4月マタハリ5
やはり明らかに二人のキャラが違っています。

私が見たのはワールドプレミアの、緊張しまくっていたリュ
ラドゥなので比べようがありませんが、ジュンヒョンさんの
ラドゥは、簡単にいえばツンデレのオレ様キャラ。
なので、最後の曲で涙を流しながら歌っているのを見たとき
意外な感じがしました。
リュラドゥとはキャラや動き以外に、セリフも違うそうです。

物語と全然関係のないところでは、マタ・ハリの呼び方が
気になりました。
アンナがマタ・ハリのことを「マタ~」と呼ぶのですが、
何ともマヌケな感じがしてなりません。
名前だけで呼ぶと「マタ」で正しいのかもしれませんが、
日本人の感覚だと、つい「股」に漢字変換しがちだし、苗字が
「ハリ」になるのかと思うと、それも解せない
「マタハリ」でいいんじゃないかとも思いました。

と、今週は韓国ミュージカル『MATA HARI マタ・ハリ』
についてアレコレ書きましたが、これから観に行かれる方には
ぜひ楽しんでいただけたらと思います


関連記事


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://lovekomylife.blog22.fc2.com/tb.php/1816-415530c4