韓美生活:■韓国ミュージカル『モーツァルト!』2016
明日、ソウル公演は千穐楽です。

韓国ミュージカル『モーツァルト!』2016
M2016-1.jpg
今年の韓国版『M!』は小池修一郎先生の演出でした。

本当はチョン・ドンソクで見たかったけど…
M2016-2.jpg
日程を選べず、キュヒョンのヴォルフガングを見ることに
M2016-3.jpg
客席は冗談かと思うほどガラガラでした
1階席のセンターブロックがなんとなく埋まっていたかなー

「世宗文化会館」という大劇場で、あの空席はキャストが
ちょっと気の毒。
少なくとも、キュヒョンの日はチケット難かと思っていましたが、
全然そんなことはありませんでした。

そんなわけで、簡単に前方席が取れたんですけど、さほど
テンションが上がらないままの観劇になってしまいました。

そのキュヒョンのヴォルフガングは予想していた以上に
よかった。
日本から来ていたキュヒョンファンたちは爆睡していたけど

あんなに難しくて高いキーのナンバーでも安定した歌唱で
聴かせてくれました。ファルセットよりは可能な限り地声で
歌うタイプなんですね

私が最初に見たヴォルフガングがパク・ウンテだったので、
そちらと比べちゃうとアレですが…。
韓国人スタッフからも「ウンテさんは神ですから比べちゃ
ダメです」と言われました。
キュヒョンもかなり高いキーなのに、地声で歌い上げる
シーンもあって、イ・ジフンやドンソクと聴き比べたい
気持ちになりました。

ジュンヒョンさんのコロレド司教はハマり役
M2016-4.jpg
すごく印象的なコロレド司教でした。

ヴォルフガングとの対決シーンでの相手はやっぱりドンソクが
良かったかも。
ややキュヒョンが押され気味で、これがドンソクだったら
全然違う印象を受けたはず。

コンスタンツェはキム・ソヒャン
M2016-5.jpg
実はソウル入りする前に、キム・ソヒャンと仲良しという方と
偶然に出会い、名刺交換していたので、すっごく親近感を
持って見ちゃいました。

この方の『マタハリ』は見ることができなかったけれど、
とても可愛らしく、歌も上手い。ファンになりました。

私が見た日はこんなキャストで…
M2016キャスト1
ヴァルトシュテッテン男爵夫人はシン・ヨンスク
M2016キャスト2
「星から降る金」はもう少し華麗だった印象があるのですが、
この日はなんだろ…。地味に見えました

感想は一言で言うと、長く感じました。
以前見たときはむしろあっという間に感じたのに、今回は
ダレたというか、ちょっと疲れちゃいました。

自分で思いました。
私は大劇場で、舞台上を暗くしたシーンが多く、歌っている
キャストにだけスポットライトが当たる状況が続くと、睡魔に
襲われるか、飽きてしまうのだと。

客席もお寒い状況だったので、もしかするとキャストの士気も
下がりつつあったときなのかもしれませんが、盛り上がりに
欠けたというか…。
自分も体調が悪い中での観劇だったので、地味~な印象を
拭えない感想になってしまったのかも。

それにしても、同じ小池先生の演出なのに、日本版のほうが
楽しめた気がするのはなぜだろ…


関連記事


コメント

らぶこさん♪こんにちは♪
いつもブログを楽しく読ませていただいています♪
(読み逃げでごめんなさい♪)

ミュージカル・モーツアルト!!!
そうなんですよね♪

ワタシは初日と先月20日に行きました♪
(どちらもイ・ジフンしーです♪)


初日は“関係者”も大勢いらっしゃっていたせいか。盛りあがりましたが。。。

この前のはホントにひどかったですねぇ・・・
実は暗くなって(開演1分前に)入ったので気付きませんでしたが幕間に見たらびっくり!!!
センター除いてがらがらでしたねぇ・・・
お客もいないから当然拍手もパラパラで・・・

あれではキャストがお気の毒だと思いました。

パク・ウンテしーとパク・ヒョシンしーの
ヴォルフギャングも観たことあります♪
パク・ウンテしーはホントに神ですね♪

モーツアルトは本日7日で千穐楽ですが・・・
近々ジャックザリッパーとノートルダムの鐘を観に行きます♪



sayachanさん、コメントをありがとうございました。
とても嬉しく思います♪♪♪

そう! ほかの方も「初日はまぁまぁだった~」なんて
おっしゃっていましたが…。

私が行った日は「えぇっ???」みたいな感じで。
ドッキリカメラを疑うぐらいのスカスカ感があり、あれは
キャストがかわいそう。
舞台上も会場も本当に盛り上がりに欠けていました。
というか、あの状況で会場が盛り上がっていたら、それはそれで
違和感を覚えたかも(笑)。

元々、今回はキャスティング段階から悲惨なことに
なっていましたが、役者に罪はないですからねー。
どうにかならなかったのかと思いつつ、また新たにパク・ウンテの
ヴォルフガングを見たい!と思ったり…。
考えることの多い作品となりました。

私は体調や日程的な問題もあり、ジャックもノダムも
無理そうな気がしますが、ぜひぜひsayachanさんは
楽しんできてくださいませ♪
今度は熱い舞台が見られるといいですねー(^^)


ですよね^ ^?

まぁ、大人の事情があるのでしょうが・・・
忠武あたりでやっていたら、また違った印象だったでしょうね。
もともと、あの会場が嫌いなので、余計に残念です。

それでもあの広い空間をなんとかしようと、小池先生はイロイロ考えて演出されたと思います。
実は私、日本のM!が苦手だったのですが、今回の韓国版は好きでした。
その理由の一つは、ドンチャルトで観られたから、ということなのかもしれませんが・・・
(結局チョッコン、前楽、千秋楽最初と3回観ました^ ^)

彼、ホントに上手くなりました!
予想以上に好みのヴォルフガングでした♡
次回チャンスがあったら、ぜひ!
きっとビックリなさいますよ(*^^*)
私もあの劇場が苦手です。
前方で見ればセンターしか目に入らないし、少し後方に
行くと、舞台までやたら遠く感じるし。

反対にフランス版「アマデウス」は楽しめましたが、
それでも首を左右に動かしながら見ていましたから。
あれで座席のモニターに日本語字幕を出るならいいけど、
それがないなら、あの劇場で見るメリットが感じられませんよね。

今回は席につくなり、会場内が暗く沈んでいるように思えて…。
会場内の盛り下がった雰囲気をキャストも感じますよねー。
キュヒョンも内心、引いていたのでは(汗)。
小池先生も苦労されたことでしょう。

私、ちょっと記憶が曖昧なんですが、今回残念だったのが
「星から降る金」。あの演出が日本より韓国のほうが華やかで
好きだったのに。
こんなに暗い中で歌っていたっけ?
と意外な感じがしました。
好きなナンバーなだけに、地味感がぬぐえず、ちょっと
ガッカリでした。

今回、キャスティングは大揉めだったじゃないですか。
やっぱり、そのドタバタぶりも影響したんでしょうね。

降板した人は仕方ないにしても、ドンソクも小池先生の
イメージとは少し違っていたようで、決まるのに時間が
かかったそうですが、結果的には彼が一番よかったようですね。

キュヒョンも悪くはなかったけど、やっぱりドンちゃんが
よかった(涙)。


9月までやってたら渡韓予定があったのでチョット観たいな~と思ってたのですが
もう終わってしまったんですね。
黄金星を生で聴いてみたかったですTT
演目的にも出演者的にもそこそこ人気があると思っていたけど、
世宗を満席にするって思ってるよりも大変なんですね(汗
だけみたんですが
一言で言えば
劇場の広さと作品のアンマッチで←あの劇場に合う作品あるのかな?
同じキャストで帝劇でやってくれたら
感動してしばらくギャーギャー言ってたと思うんですが

即日完売の二人が出ることを想定しての
作品よりお財布ありきな劇場選びとしか思えなくて

小池先生をしても大変だったろうなぁ〜と
思いながら見てました
ソウル公演は終わってしまいましたが、まだ地方では見られます☆

今回は当初のキャスティングからして大揉めで、その後、
チケットの不買運動なんかもあったので、そうした負の要素も
かなり影響したのではないかと。

キャストに罪はないので、その点、かわいそうだったかなーと
思いました。

なんだか、全体的に負のオーラが渦巻いているようでしたから><


おかえりなさいませ♪♪♪
今回見ていて、サイドブロックじゃなくてよかった!って
思っちゃいました。

ただでさえ会場のノリもイマイチな感じで、歌も演技も
すべてセンターブロックに向けているようで、もし自分が
サイドブロックだったら、すごく寂しい気持ちになったと
思うんですよね。

全体を見渡すと埋まっているのはセンターだけだから
キャストの動きもそうなっちゃうのかもしれませんが。
それでもサイドブロックにも人はいたわけだし、そこでさらに
温度が違っていた気がしました。

私が行ったのはキュヒョンの日で、日本から来たキュヒョンの
ファンが多かったと思うのですが、ジュンヒョンさんの場面も
シン・ヨンスク、キム・ソヒャンの場面も爆睡していました。
観客が少ないのに加え、そこで拍手もバラけるという負の連鎖。

韓国ミュージカルを見に行って、あの空気感は初めてだったかも><


コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://lovekomylife.blog22.fc2.com/tb.php/1897-ce564217