韓美生活:■韓国映画『ハッピーログイン』
チェ・ジウが10年ぶりに日本のスクリーンにカムバック
というわけで、明日から日本でも『ハッピーログイン』
公開されます


『ハッピーログイン』
   (原題:『好きになって』 2016年/韓国/123分)
ハッピーログイン-メイン
©2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

10月15日(土)より新宿バルト9、T・ジョイPRINCE品川ほか
限定ロードショー

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^


登場するのは3組の男女
それぞれにドラマがあります。

気難しい人気脚本家ギョンア(イ・ミヨン)は新作の脚本を
書き上げたが、強気な性格が災いしてかキャスティングが
決まらない。

新米プロデューサーのナヨン(イ・ソム)は、兵役から
戻ったばかりのジヌ(ユ・アイン)にオファーする
ハッピーログイン-サブ1
そのジヌをブレイクさせたのはギョンアだったが…
ハッピーログイン-ユ・アイン
ある秘密を抱えギクシャクしてしまう二人。

独身アラフォーCAのジュラン(チェ・ジウ)は起業のため
マンションを貸し出した矢先、詐欺に遭って財産を失う―
ハッピーログイン-チェ・ジウ
同じ頃、オーナーシェフのソンチャン(キム・ジュヒョク)は
結婚のためジュランのマンションを契約。だが結婚相手に
逃げられ、途方に暮れていた。

家をなくしたジュランと、結婚相手を失ったソンチャンは
仕方なく同居することに
ハッピーログイン-キム・ジュヒョク
やがてソンチャンは、仕事も恋も上手くいかないジュランに
同情し、SNSでの恋愛方法を伝授することに―。

天才作曲家のスホ(カン・ハヌル)はコンプレックスにより
恋愛経験ゼロの草食系男子
ハッピーログイン-カン・ハヌル
ソンチャンの店でナヨンと出逢う
ハッピーログイン-サブ2
新米プロデューサーのナヨンはスホに一目ぼれ。積極的に
アプローチするが―。


*****
楽しいラブコメでしたが、結末にたどり着くのに唐突な
感じがしたのは、FacebookというSNSが介在しているから

元々、タイトルが『ハッピー・フェイスブック』だったので
当然のようにキャラクターはFacebookを利用し、会話は
メッセンジャーでやり取りします。
恋愛に不器用なキャラたちがFacebookというSNSの力を
借りて関係を進展させていく。
そんな物語ですが、SNSにそこまで依存していない私には
少し言葉が足りていないように思えました

一番好きだったのは秘密を抱えるスホとナヨンのカップル。
切なかったです。
この二人は大きなハードルを超えなければならず、その過程に
胸が痛みました。
自分ではこういう経験をしたことないのですが、もしナヨンの
立場だったらどうだったでしょうか。
「私があなたの力になるから」と、すぐに言えたかどうか。

人間ですから、誰もが完璧である必要はないけれど、やはり
障害を乗り越えるのは容易ではなく、壁にぶち当たる二人の
姿は胸にグッとくるものがありました。

なお、このカップルのエピソードでは懐かしのロケ地も登場。
思わず「おぉ~」と声を上げたくなるような有名なロケ地です

ナヨン役は『愛のタリオ』で強烈な印象を残したイ・ソム
ハッピーログイン-イ・ソム
本作では可愛いキャラでした

一方、ギョンアとジヌのカップルは…。

イ・ミヨンが10年前から変っていないことにビックリ
ハッピーログイン-イ・ミヨン
ある意味、化け物。実年齢は45歳なのにそうは見えません。
ユ・アインと並んでも違和感がないのはさすがです
ただ、ストーリーはやはりフィクションなので、上手く
できすぎていますが、コミカルだったし、ユ・アインの姿に
ちょっと胸キュンでした。

チェ・ジウとキム・ジュヒョクは、韓ドラにありがちな展開
韓国の男女はこんなに簡単に一緒に暮らし始めるのかと
毎回驚きますが、そこは軽くスルー
なんだかんだ言って、このカップルが一番面白かったかも。
最後のチェ・ジウの決断が簡単に風呂敷を畳んじゃったように
見え、イマイチ説明が足りていない感が否めませんでしたが。

テーマがSNSなのに、こんなことを言うのもアレですが、
あんまりFacebookを絡めないほうが良かったかもと
思わずにいられませんでした
それを言ったら、身も蓋もないけど

オススメ度 ★★★☆☆

SNSは楽しいことばかりじゃないのよね…



関連記事


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://lovekomylife.blog22.fc2.com/tb.php/1952-2ceff210