韓美生活:■韓国映画『男と女』
今、再ブレイクしていますね~、コン・ユ!

そのコン・ユがチョン・ドヨンと共演した『男と女』
今週末から日本でも公開されます♪


『男と女』(2016年/韓国/115分)
男と女-メイン
©2016 showbox and bom film productions ALL RIGHTS RESERVED.

2月4日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^


舞台はフィンランドのヘルシンキ―。

子供たちの国際学校でサンミン(チョン・ドヨン)と
男と女-サブ4

ギホン(コン・ユ)は偶然出会う
男と女-サブ3

二人は遠く離れたキャンプ場に向かうが、大雪で通行止め
男と女-サブ1
誰もいない森の小屋で衝動的に体を重ね合い、互いの名前も
知らないまま別れるのだった。

8ヶ月後―。

韓国・ソウルでの日常に戻ったサンミンの前に
男と女-サブ7

ギホンが突然現れる
男と女-サブ5

二人はどうしようもないほど激しく惹かれ合い
男と女-サブ2

雪原が見せたひとときの夢は
男と女-サブ8
やがて後戻りのできない恋へと変わっていく―。

*****
「海外ではコチュジャンが手放せない」など、冒頭から
「韓国人、ある、ある!」といった感じ。
女がクールで男がマメなのも、今の韓国人カップルっぽい。

特にコン・ユ演じるギホンはチョン・ドヨン演じるサンミンの
尻に敷かれている感じ。
彼の下心は見え見えだし、カッコいいから許されるけど、
一歩間違えば、ストーカーのような一面も持っている。

行動は、昔でいう“アッシー君”のようでもあるし、こんな
恋人なら一人、二人は欲しいと思わなくもない。
何より、長身でイケメンだし(笑)。

ただ…、そのギホンのキャラがちょっと気になりました。
私が知る韓国人とはちょっと違う。イマイチ曖昧だから。

これは冒頭、サンミンからも指摘されるけど、彼の曖昧さは
後々まで変わらない。煮えきらない男ともいえる。

そして、思わず注目しちゃったのがチョン・ドヨンの表情。
フィンランドではほとんどスッピンに見える彼女が、
ソウルではばっちりメイクをしていて色気が出ている点。

厚化粧ではないけど、つけまつげとアイラインだけで、
女性の印象はこんなにも変わるものかとあらためて思う。

結末については賛否両論かも。
「これでよかった」と思う人もいれば、「うーん、これは…」と
思う人もいるのでは。

人には、理屈では語れない感情があるし、終盤のサンミンの
暴走は「えーっ」と思わなくもないけど、恋愛に正解はないし、
多くの部分で共感し、個人的には好きなラブストーリーでした
二人のラブシーンもすっごくキレイで、今回あらためて
私はイ・ユンギ監督の作品がスキなんだと実感しました。

マメな男と
男と女-サブ6

いきなり暴走する女
男と女-サブ9
そんな男と女の間に立ちふさがったのは一枚の扉。

二人の恋の行方は―?

オススメ度 ★★★★☆

コン・ユといえば…

もう9年以上が過ぎたんですね―


関連記事


コメント

私が韓国に興味を持つキッカケのひとつに「コーヒープリンス」があります^ ^
リアルタイムではなく、当時コン・ユは入隊中でした。懐かしいなぁ。
友達に激しく「観てハマって!」と言われ、顔は全然タイプじゃないのにまんまとハマりました(笑)
つい先日まで出演ドラマが放送してたそうですね、観てはいないのですが(^_^;)
久しく韓国ドラマも観ていないな〜。
再ブレイクしてるなんて、ちょっと嬉しくなっちゃいました(*^^*)
返信が遅くなってすみませんでした。

きっかけ、そうだったんですね^^
皆さん、いろいろなきっかけで興味を持ったり
好きになっていきますね♪

> 顔は全然タイプじゃないのに ←(笑)

これも「韓ドラ、あるある」ですね。
タイプじゃないのに、最終話が近づく頃、カッコ良く
見ているという^^

私も『鬼(トッケビ)』はまだ見ていないのですが、
韓国人の友達らから「早く見て~!!」といわれるぐらい
現地で人気でした。

楽しみが増えて嬉しいです♪

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://lovekomylife.blog22.fc2.com/tb.php/2041-9dd6bf85