韓美生活:■2回連チャンで食べたフワトロ魯肉飯@台北・松江南京
今年に入ってから落ち着かず、なかなかブログにまで
手が回りませんが、気づけば今日は日曜日。
先週はUPできなかった台湾ネタを♡

今日は短くサクッと。
なぜ短いかというと、写真をあまり撮れなかったのと
このお店には次の台湾旅行でも思いがけず行くことに
なったので^^

で、初めて行ったときに食べたのが…

超激ウマの魯肉飯
Myザオ-魯肉飯1
80元(このときのレートで約270円)

お店は「My灶(マイザオ)」
Myザオ-外観
まさか2回連チャンで行くことになろうとは。
このときは思ってもみませんでした。

私がいつも行くような魯肉飯の食堂と違い、ここは
レストラン風です。

お通し
Myザオ-パパイヤ
パパイヤの漬物でしょうか。

このタイプのは食べ慣れないせいか、不思議な味に
感じられます。
パパイヤは普通に食べたほうが美味しいんじゃないかと
思いました。

魯肉飯だけオーダーしようと思ったら、店員さんに
驚かれたので、とりあえずほかのメニューも食べることに^^;

腐乳通菜
Myザオ-空心菜
180元(約610円)

日本語メニューを見ると「自家製腐乳ソースと空心菜の
炒め物」とありました。

「腐乳」という漢字に一抹の不安を覚えましたが、とても
美味しかったです。
少なくとも牛乳が腐ったようなニオイなんかは全然せず、
普通に空心菜炒めとして食べられました!

魯肉飯
Myザオ-魯肉飯2
写真をちゃんと撮ることなく、一気に食べてしまいました。
濃厚でコッテリとしているけど、本当に美味しかったから。

これまで食べてきた魯肉飯と比べると、やや脂っぽさも
ありましたが、美味しさが脂っぽさを完全に超越している
感じ

この照りとツヤが最高ですね。お肉はフワトロです。
少々、脂っぽくても胃もたれすることもなく、その夜に
思い出しても「美味しかったな―」と思える味でした。

料理は、地元用のメニューと日本語メニューとで若干
金額が違っていました
まぁ、外国からの観光客相手だと手間もかかるし、少々
お高くなるのは仕方ないのかもしれませんね。

サービス料30元が加算されて、計370元(1,250円)。
魯肉飯の美味しさを思い出すと、二人でこの金額は
お安いと思います。


My灶
住 所:台北市中山區松江路100巷9之1號(地図
電 話:02-2522-2697
営 業:11:30~14:00/17:30~21:00 月曜日休み
最寄駅:松江新店線中和新蘆線「松江南京駅」3番
    出口から徒歩1~2分

―行き方―
駅3番出口を出ると大通りに面していますが、右方向を
向いたら、すぐ右折。直進すると右手にお店があります!


魯肉飯をメインにした食堂とは違うので、これだけ
ササっと食べて帰るのはちょっと躊躇してしまうので
ランチの時間帯のほうが行きやすいかも。

「大来小館」と似た感じなので、夜の時間帯は特に
大人数で食事するのに向いているかもしれませんね。


関連記事


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://lovekomylife.blog22.fc2.com/tb.php/2043-3c773f8e