韓美生活:■韓国映画『アシュラ』
前回、ディープな『お嬢さん』をUPしたばかりですが、
今週はもう1本、強烈なのが控えています。

今日から公開の血なまぐさい『アシュラ』
『お嬢さん』とハシゴしちゃうと、かなり濃厚で忘れがたい
一日になることでしょう。
私はしないけどね~(笑)。


『アシュラ』
   (2016年/韓国/133分/R15指定)
アシュラ:s-メイン
©2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

3月4日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

今週と来週はファン・ジョンミン&クァク・ドウォン祭りだな


犯罪と汚職が蔓延するアンナム市―。

刑事ドギョン(チョン・ウソン)は難病を患う妻のために
悪徳市長ソンベ(ファン・ジョンミン)と裏でつながっていた。

市長のために表沙汰にできない仕事を引き受け、手間賃を
妻の治療費に充てていたのだ。
だが、悪行を重ねるうちに、市長の犬ともいえる存在に
なり果てていた。

市長が選挙法違反で訴追されると、ドギョンは麻薬中毒の
チンピラを使って証人を脅迫。証言を撤回させ…

市長は晴れて無罪放免に
アシュラ:s-サブ2
ところがドギョンの上司ファン班長から、市長との癒着を
嗅ぎつけられ、分け前を要求されてしまう。

もみ合ううちにドギョンは誤って班長をビルの屋上から
突き落としてしまい、とっさに麻薬中毒のチンピラを犯人に
仕立て上げるのだった。

難を逃れたかのように思えたが、これが厄介なことに…。
ドギョンと市長の黒い関係を突き止められていたのだ。

地検特捜部キム検事(クァク・ドウォン)に
アシュラ:s-サブ3
キム検事は、ドギョンを刑務所に入れる代わりに、市長の
悪事を裏付ける証拠を録音してくるよう命令する。

警察を辞めて市長の下で働く予定だったドギョンだが
このままでは離職することもできない。

仕方なく、後輩刑事ソンモ(チュ・ジフン)を説得し―
アシュラ:s-サブ1
彼を市長のもとに送り込むのだった。

最初は渋々引き受けたソンモだが、市長のもとで贅沢の味を
覚えるうちに、彼は市長の生活に憧れ、やたら先輩風を吹かす
ドギョンが目障りに。
やがて市長に重用され、悪の道にのめり込んでいく。

一方、ドギョンは忠誠心を要求する市長と、拷問までして
犯罪の証拠を要求してくるキム検事の間で板挟み。
焦燥感と怒りを増幅させていく。

にっちもさっちも行かなくなったドギョンは、自分を捨て駒に
しようとする市長を守り通すのか、それとも検察に売るのか。

一か八かの賭けに出た結果、最後に生き残るのは―?


*****
一言で言うと、まともな人間が一人も出てこない映画。
“いい人”が一人でも出てきたならまだ救われるが、
よくぞここまで…というほど、悪人ばかりが登場する。

ドギョン役のチョン・ウソンにいたっては、どの道を
選択しようと悲惨な結末しか待っていないのは明らかで
最初から最後までとことん運が悪い。
だから弟分のソンモにオイシイところを持っていかれる。

ドギョンとソンモを翻弄する悪徳市長のソンベを、普段は
善良な役の多いファン・ジョンミンが演じている。
その演技が狂気じみていて、面白いんだけど怖い。
笑顔なのに目が笑っていないから。
フルチンで歩き回る姿もコミカルでさえ恐怖を植え付けられる。
一体どういう演技なのか、こういうのが一番怖かったりする。

それにしても、今年はまだ3月なのに本作1本で、相当な
血の量を目にしたように思う。
おそらく映画一年分に相当するぐらいの血の量

以前、『悪魔を見た』の試写会で、具合が悪くなって退席した
女子がいたけれど、本作に比べるとアノ程度のグロさは
可愛いもんだった。

慣れって怖い
少なくとも、あの当時の韓国映画より吹き出す血の量は
激増しているし、これからさらに増えそうな気がしなくもない。

笑ってしまったのがこのページ
アシュラ:プレス
どう考えても、光があるとは思えない展開。

「闇しかない」に決まってるじゃん!と思わずツッコミを
入れたくなるけど、結末を知りたい方はぜひ劇場へ。

映画でおなじみのシーンがコチラ↓

短気な韓国人
アシュラ:s-サブ4
最後は必ずこうなる!の図(笑)。

オススメ度 ★★★☆☆

あれから12年


あれから11年―



関連記事


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://lovekomylife.blog22.fc2.com/tb.php/2058-194d42bb